太陽エネルギーのすごさ

太陽エネルギーのすごさ

もし、太陽がなかったら、地球は冷たい星でしょう。
太陽と地球の距離は1億5千万キロメートル。
こんなに距離が離れているのに、地球は太陽の影響を大きく受けています。
実は、広い宇宙で見れば、この距離はそんなに離れていないといえます。

 

太陽を除くと一番近い星(恒星)でも8.7光年もの距離があるそうなのです。
光の早さでも8年以上かかるという遠さです。
ところが太陽の発した光はたった8分で地球に到達します。

 

宇宙の中では、太陽と地球はすごく近いのです。
ですから、太陽の黒点やフレアなどの太陽の変化が地球環境に与える影響は大きいのです。
太陽エネルギーを取り入れるのが人間の夢でした。

 

太陽のエネルギー源は核融合反応。
原子炉の一種としてこれを研究中ですが、実用化にはほど遠いのが現状です。

 

反対に、太陽の光をそのまま利用する太陽熱温水器や太陽光発電は身近な技術として普及しています。

 

価格もかなり安くなっているのです。

 

 

太陽の恵みに感謝しつつ、人間の限界を知る謙虚さが大切のような気がします。