虫が寄らない肌

虫が寄らない肌

虫に刺されると、痕が気になります。
刺された部分の処置を早めに行うと、痕も残りにくいと聞いたことがあり、刺された時は1日に数回薬を塗っています。
かいてしまうと治りが遅くなり、刺されていない部分まで傷つけてしまうこともある為、薬を持っていない外出時などは、水で冷やしてかゆみを抑えるようにしています。
虫よけスプレーなどを使用して刺されない工夫もしていますが、洗濯洗剤にも気を遣っています。
蜂は香りに寄ってくると聞きます。
服に香りがつかないよう、蜂が飛ぶ季節は、いい香りの洗剤の使用を控えています。
黒い服を着ていると虫に刺されやすいそうなので、気分も前向きになれる明るい色の服を着て、刺された痕のない、きれいな肌を目指したいです。